スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<暴力団観戦>維持員席販売常態化 案内所「1席40万円」(毎日新聞)

 大相撲名古屋場所の「維持員席」で暴力団幹部が観戦していた問題で、日本相撲協会は27日、入場整理券の手配にかかわった2親方に「部屋一門預かり」などの厳しい処分を下した。問題の背景には、伝統文化を守るための「維持費」を協会に納めた後援者の席である維持員席が売買の対象とされていたことがある。名古屋場所で、親方らのルートとは別ルートで暴力団員に渡った入場券を売買していた相撲案内所の経営者は、毎日新聞の取材に「維持員席を買い上げることは以前からあった」と常態化した売買の実態を証言した。【村社拓信】

 維持員席は「砂かぶり」と呼ばれる溜席(たまりせき)の中でも最前列の席。名古屋など地方場所の場合で、協会に6年で維持費130万円を寄付するなどし、理事会で承認された「維持員」に割り当てられ、本来、売買対象ではない。

 維持費は年分割で納めるが、6年ごとの更新前に維持員を辞める人・団体がある。名古屋場所で座席管理などを請け負う名古屋市の相撲案内所は、こうした人・団体に割り当てられた維持員席の入場券を買い上げ、1席約40万円(15日間通し)で販売していたという。

 同案内所の経営者の男性は09年11月、愛知県警から任意で事情聴取され、自分が券をさばいた維持員席に暴力団員が座っていたことを知った。男性は「古くから付き合いのあるお客さんに頼まれた。暴力団に渡っていたのは分からなかった」と話す。男性の案内所から、2階級降格と部屋一門預かりの処分を受けた木瀬親方(元前頭肥後ノ海)や、けん責処分を受けた清見潟親方(元前頭大竜川)ら協会関係者に渡したことはないという。

 男性によると、協会、案内所ともに入場の際に維持員証を確認しておらず、入場券だけを見て席に案内しているため維持員以外が座っていても分からないという。男性は「管理している溜席を含め1日約100人の客が幕内取組の時間に集中する。一人ずつ確認することは難しい」と明かす。

 名古屋場所の溜席は約550で、このうち維持員席は最前列から4〜5列目の300。名古屋では現在五つの案内所が「名古屋相撲案内所組合」を結成して運営。東京、大阪、福岡にも案内所がある。

【関連ニュース】
暴力団観戦:協会、親方2人を処分…理事の評価は真っ二つ
暴力団観戦:昨年秋場所から両国は禁止看板…警視庁が対策
相撲協会:木瀬親方を2階級降格 清見潟親方はけん責処分
相撲協会:木瀬親方の降格検討 清見潟親方も処分へ
大相撲:暴力団へ席提供、2親方が関与 昨年の名古屋場所

政権運営で自己点検を=首相に苦言呈す―連合会長(時事通信)
民主内に首相責任論も=普天間、県内移設で(時事通信)
<訃報>小松茂美さん85歳=センチュリー文化財団理事(毎日新聞)
堺で路上強盗、水色自転車で逃げる(産経新聞)
ワクチン接種、22日午前開始=最上位種の牛が陽性―宮崎の口蹄疫(時事通信)

10キロ以内の殺処分検討=宮崎口蹄疫で―農水副大臣(時事通信)

 山田正彦農林水産副大臣は19日、宮崎県内での家畜の口蹄(こうてい)疫拡大を防止するため、発生農場から半径10キロ以内の移動制限区域内では、ワクチンを接種した上での全頭殺処分を検討していることを明らかにした。副大臣は宮崎県庁で記者団に対し、「ひとつの選択肢として(地元関係者に)説明させてもらった」と述べた。
 一方、半径10キロから20キロの搬出制限区域内の家畜の全頭買い上げについては「一つの方法」としながらも、費用面から「非常に難しいのではないかと思う」との認識を示した。 

【関連ニュース】
ワクチン使用判断へ=口蹄疫の感染拡大防止で
拡大防止へ全頭殺処分=政府高官が見通し
感染拡大防止策を検討=口蹄疫で専門家委開催
特別交付税で全額措置=口蹄疫、処分家畜への県補償分
全頭殺処分、農家の理解必要=口蹄疫の対策費拡充を

<始祖鳥>飛べなかった…翼で体重支えきれず 英チーム結論(毎日新聞)
<PCB特措法違反容疑>資材置き場など捜索 岐阜県警(毎日新聞)
人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を(産経新聞)
平野長官と徳之島関係者会談 空港周辺整備示す(産経新聞)
大久保元秘書を聴取=小沢氏処分近く協議―陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)

もんじゅで誤警報か=運転に影響なし−原子力機構(時事通信)

 日本原子力研究開発機構は7日、運転を再開した高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)で、核燃料が破損した際に出る放射性ガスを検出する機器の警報が鳴ったと発表した。原子力機構は誤警報とみており、運転への影響はないとしている。
 原子力機構によると、運転再開当日の6日午後11時10分ごろ、3台ある検出装置のうち1台で警報が鳴り、すぐに消えた。7日午前にも同じ検出装置で5回警報が鳴って消えたため、同日正午ごろ、この1台を停止した。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開〜信頼は取り戻せるのか〜
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
〔用語解説〕「もんじゅ」

<女性遺体>「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
代理ミュンヒハウゼン症候群、最長の裁判員裁判に(読売新聞)
うつ病自殺7割が精神科を受診 「抗うつ薬」安易な服用に懸念(J-CASTニュース)
交付ミス1票多いまま、くじ引き当選…異議あり!(読売新聞)
【母親学】東京工業大教授 本川達雄(1)(産経新聞)

研究内容の第三者評価導入へ―医薬基盤研事業仕分け(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が4月22日に実施した「省内事業仕分け」では、「独立行政法人医薬基盤研究所」が対象となり、大学の研究と製薬企業の開発の間に、厚労省所管の独法が介在する意義があるかどうかが問われた。同研究所側は、組織のスリム化と併せて、重点研究分野を▽難病の治療薬開発▽医薬品の毒性の事前予測▽次世代ワクチンの開発―の3点に絞る方針を提示。これに対し、長妻昭厚労相は「その研究が本当に適正なのか、より客観的に第三者が評価できるような仕組みを考えていきたい」と述べた。

 仕分け人からは、「この法人だからできる本当に必要なものに絞って研究していただきたい」(田口正俊・厚生労働行政モニター)、「事業そのものの大切さは分かったが、このままでいいのかどうか疑問がある。データセンター化する機能が大切だと思う」(河北博文・河北総合病院理事長)、「企業がやれないのだろうか、いまひとつまだ理解できないところがある」(赤沼康弘・日弁連高齢者・障害者の権利に関する委員会委員)などの意見が出た。

 また、同研究所が「独法国立健康・栄養研究所」との統合を予定していることについて、仕分け人の田代雄倬・元川崎製鉄環境エンジニアリング部長は「やっていることをより効果的にやるという趣旨だと思うので、積極的に進めていただきたい」と述べた。


【関連記事】
PMDA省内仕分け、好意的意見続出
仕分け前半の対象、福祉医療機構やPMDAなど47法人
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
労働者健康福祉機構の伊藤理事長は「今年中に交代に」−長妻厚労相
「独法管理部門のチェック機能は甘い」―省内仕分けで長妻厚労相

首相動静(4月22日)(時事通信)
<口蹄疫>農家に支援策 農相発表(毎日新聞)
自立支援法訴訟 東京地裁でも和解成立 一連の14件終結(毎日新聞)
指導力不足教員12人 都教育委員会発表(産経新聞)
「課題検討会」などで報告=5年迎え遺族ら集会−福知山線事故(時事通信)

中国軍ヘリ異常接近、岡田外相に報告は4日後(読売新聞)

 武正公一外務副大臣は21日の衆院外務委員会で、中国軍の艦載ヘリが8日、東シナ海で監視活動中の海上自衛隊護衛艦に約90メートルまで異常接近した問題について、岡田外相が報告を受けたのは発生4日後の12日だったことを明らかにした。

 防衛省は8日夜に外務省に連絡したという。報告の遅れについて、岡田外相は「ヘリの接近が国際法上どういう扱いになるか、(中国側に抗議の)申し入れを行うべきかどうかを慎重に検討した」と釈明した。

 ただ、自民党の平沢勝栄委員が「まずは第一報を入れるのが危機管理の鉄則だ。遅すぎる」と批判したのに対しては、外相も「同じことを事務当局に言った」と述べ、省内の連絡体制に不備があったことを認めた。

架空保険商品で2.5億円詐取=損保ジャパンの元募集人(時事通信)
<北名古屋市長選>長瀬氏が再選 愛知(毎日新聞)
30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
「日米同盟3年持たぬ」 正論大賞・佐瀬昌盛氏が講演(産経新聞)
「飲み食いに困って…」焼き鳥店から焼き鳥とおにぎり盗む 伊豆・大島(産経新聞)

<明石歩道橋事故>元副署長、全面可視化を拒否(毎日新聞)

 11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故(01年7月)で、県警明石署の榊和晄(さかきかづあき)元副署長(63)=退職=が強制起訴されることを受け、検察官役を務める指定弁護士は15日、榊元副署長を任意で取り調べた。指定弁護士は、すべての過程を録音・録画する意向だったが、榊元副署長が拒否し、全国初の全面可視化の取り組みは実現しなかった。

 この日、榊元副署長は指定弁護士の要請に応じて午後1時前、神戸地検に出頭。指定弁護士が取り調べの録音・録画の可否を榊元副署長に尋ねたが、「遠慮してほしい」と応じなかったという。

 榊元副署長については今年1月、神戸第2検察審査会が起訴議決。改正検察審査会法(09年5月施行)に基づく全国初の強制起訴が決まった。起訴議決では、榊元副署長は明石署の警備本部副本部長として事故を予見できたのに、不十分な雑踏警備計画を理解せず、是正しなかった。当日も歩道橋の状況を把握しなかったため、事故が起きたと指摘した。【重石岳史、村上正】

【関連ニュース】
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線事故:JR西歴代3社長の起訴議決 神戸第1検審
明石歩道橋事故:遺族「補充捜査を」 要望書を提出
JR福知山線脱線:元3社長、業過致死傷罪で強制起訴へ−−検察審議決
兵庫・明石の歩道橋事故:明石元副署長を聴取 指定弁護士「全面可視化で」

人間健康学部の新キャンパス、開校式 関西大(産経新聞)
みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
ケヤキ大木、憩う集う 杉並区に念願の公園、感慨無量(産経新聞)
ペーパーショウ 紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)

スカイツリー音頭誕生へ 地元・墨田「盆踊りの定番にしたい」(産経新聞)

 墨田区に建設中の東京スカイツリーを盛り上げようと、地元住民が、東京スカイツリー音頭づくりに取り組んでいる。4月中に歌手がレコーディングし、6月にお披露目のイベントが開かれる予定。住民らは「音頭を地元の盆踊りの定番にしていきたい」と張り切っている。

                   ◇

 ♪大東京のどまんなか 隅田の流れ 眼下に見て 東京 東京 スカイツリー〜。

 東京タワーを超えて、世界一高い観光電波塔誕生への希望に沸く地元の様子を歌うこの音頭を作詞したのは、同区の作詞家、故・高橋豊さん(享年72)。

 墨田区内に新タワーの建設話が持ち上がった平成17年ごろ、一緒に曲作りをしてきた同区の作曲家、林正臣さん(76)に相談し、18年秋、曲ができあがった。

 しかし、19年9月に高橋さんが突然死去。その後の20年6月に「東京スカイツリー」の名前が決まったため、林さんらが歌詞中の「新タワー」を「東京スカイツリー」に変えるなどで微修正した。

 4月中には、歌手の相原ひろ子さんによるレコーディングが行われ、完成するという。

 音頭を振り付けたのは、墨田区の日本舞踊の寿々喜流宗家で「舞の会」インターナショナルの会長、寿々喜美恵さん(76)。21年5月、林さんから依頼があり、わずか1日で振り付けたという。両手でツリーを形取り、顔を上げてツリーを見上げるような踊り。寿々喜さんは「誰もが踊れるように、簡単な振り付けを心がけた」と話す。

 舞の会の二代目、寿々喜美州さんは「まだ半分の高さの今でも、ツリーを見ようと多くの人が墨田区を訪れる。完成すればなおさらのこと。墨田区希望の音頭を今後、広めていきたい」と張り切っている。

奥西死刑囚の即時釈放を…支援者ら高検に要請(読売新聞)
平城宮跡 第1次大極殿ライトアップ 古都の夜空照らす(毎日新聞)
<首相・閣僚会見>(3)「庁舎管理」で制限も(毎日新聞)
北九州市議選偽投票、被告の元候補に実刑判決(読売新聞)
新党には参加せず 党の新人事にも批判 舛添氏(産経新聞)

<徳島空港>滑走路延長し改装オープン 阿波踊りで前途祝す(毎日新聞)

 徳島空港(徳島県松茂町)が8日、滑走路を500メートル延長して2500メートルにし、愛称「徳島阿波おどり空港」として改装オープンした。

 滑走路延長は、将来の旅客需要増を見込んで96年に国が決定し、01年に着工。総事業費は853億円。愛称は公募で決めた。

 同空港には現在、東京、福岡など3路線が就航しているが、利用者は97年度の116万人をピークに、08年度は76万人に減少。滑走路延長で大型機の発着も可能になったが、当面、チャーター便以外に予定はない。

 この日は新ターミナルビルで、「阿波とくしま観光大使」の女優、倉科カナさんらが出席して記念式典があり、阿波踊りで到着客らを出迎えた。【井上卓也】

【関連ニュース】
阿波踊り研修:新人職員、一心不乱に汗 徳島市役所で演習 /徳島
ニュース箱:今週の動き /徳島
桜:名所、にぎわう 徳島中央公園、阿波踊りの客も /徳島
塚口さんさんタウン:阿波踊りや落語で活性化 空き店舗活用し計画−−尼崎 /兵庫
医療観光モニターツアー:中国・上海の患者ら招き、糖尿病検査や名所PR /徳島

<旅>沖縄 芭蕉布の里 良い織物は畑づくりから 人間国宝・平良敏子さん(毎日新聞)
ミクシィに「ブッ殺します」宅八郎氏、起訴猶予(読売新聞)
強盗殺人未遂容疑で男を逮捕=景品交換所に発砲−福岡県警(時事通信)
「しごと館」を宇宙ミュージアムに=松本零士さんが首相に要望(時事通信)
<食中毒>処分中にまたも食中毒起こす−−大阪・寝屋川(毎日新聞)

父親殺害容疑で37歳男逮捕 青森県警(産経新聞)

 父親を殺害したとして、青森県警十和田署は5日、殺人の疑いで、同県八戸市根城、会社員、佐藤真一容疑者(37)を逮捕した。

 同署の調べによると、佐藤容疑者は同日午前3時10分ごろ、十和田市東二十二番町のアパートで、父親の克久さん(68)の鼻と口を押さえ、殺害した疑いが持たれている。

 犯行後の午前5時ごろ、佐藤容疑者は妻に付き添われて「父親を殺した」と八戸署に自首した。佐藤容疑者は克久さんの長男。調べに対し、容疑を認めているという。死因について、同署などは窒息死の可能性が高いとみて、司法解剖して詳しく調べる。

 近所の人の話によると、克久さんは引っ越してきたばかりで、1人暮らしだったという。

【関連記事】
「背景知りたかった」父親殺害事件で裁判員 判決は懲役7年
介護施設入所の父をバールで殴る…殺人未遂で男を逮捕 
父親殺害容疑で51歳男逮捕 新潟
「酔っているのを見て腹立った」父殺害の息子逮捕
父親を刺す「酒飲んで帰宅の父親と口論」 16歳少女を殺人未遂容疑で逮捕 宮城
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

混合診療全面解禁「慎重な議論が必要」−長妻厚労相(医療介護CBニュース)
首相元秘書の初公判=偽装献金認め、即日結審へ−規正法違反事件・東京地裁(時事通信)
ボディスキャナーで透撮チェック 成田空港でも(レスポンス)
首相、普天間移設先「現地の了解とりつける」(産経新聞)
JR歴代3社長起訴めぐり指定弁護士を推薦(産経新聞)

<コチョウラン>所管法人から就任祝い 環境省幹部を処分(毎日新聞)

 環境省幹部が、所管する公益法人から昨年7月の就任祝いに贈られたコチョウラン1鉢を直ちに返却しなかったとして、同省は30日、幹部を国家公務員倫理規程に基づき戒告処分にしたと発表した。

 同省によると、幹部は鉢植えが執務室外に置かれていたために長期間、利害関係者からの送付と気づかなかった。規程は利害関係者からの物品贈与などを禁止している。幹部は自ら申し出たという。【大場あい】

【関連ニュース】
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
トキ:産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省
トキ9羽死ぬ:テンが襲撃、足跡から判明 環境省
生物多様性:「国内損失、止まらず」目標は未達成 環境省
環境省:温室効果ガス25%減でもGDP増 検討会試算

高校授業料無償化法案、きょう成立(読売新聞)
水俣病訴訟和解も… 全面解決なお遠く(産経新聞)
【くらしナビ】生理用品、積極的に選んで 自分の体を知るきっかけに(産経新聞)
「村山悟郎展」 東京・銀座 資生堂ギャラリー(産経新聞)
スニーカーの穴から携帯カメラで盗撮、会社員逮捕(産経新聞)

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
リンク
カードでお金
ヴィクトリアマイル
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 比較
債務整理無料相談
レンタルサーバー
携帯ホームページ
selected entries
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM